ウイズコロナ

先日の22日は市内の公民館へハーブティーの講習に出掛けてきました。今月の二週目に入る頃から接客や梱包の合間に少しずつ準備も始め、悩みに悩んだ末に選んだ8種類のハーブについてもう一度基本を確認する日々でした。いくつかの仕事を上手に並行して片付ける事が苦手な私ですので、終わってホッとし文章を書ける余裕ができました。

最初にこのお話をいただいた時は、この時期に本当にやっていいのだろうか・・・という心配でした。館長さんは皆が十分に注意してウイズコロナで活動していこうという方針だとお聞きし、私も賛同したいとお受けしました。

平日の昼間の時間ですから、私の少しお姉さんくらいの方から70代の女性10人に参加してもらいテイスティングをしてからブレンドに挑戦し、テーブルで出来たブレンドティーにそれぞれ名前を付けてもらったのです。

その中の1テーブルはこれからの寒い時期に向かい、テーブルにいたメンバーはアレルギーもあることからエキナセアとネトルを主とするブレンドにし『フィオーレ(イタリア語で花)3(スリー)』という素敵な名前を付けられました。テーブルごとに名前と感想をお話ししてもらい盛り上がりました。

私のハーブの細かいお話はきっと頭には残っていないとは思いますが、ハーブの良い香りが贅沢で楽しい時間だったと皆さんに言ってもらえた事で準備の大変なことも報われました。

ハーブティーで身体を温めて、免疫力をアップさせていきましょう。

ティーストレーナー
左はカップにのせてお茶を注ぐ定番タイプ、右はケルトのデザインが施されたピューター製のストレーナー イギリス製です。
ハーブソルト
しばらく品切れでしたが、販売し始めました。鶏ハム作りに活躍するそうで、待っていてくださったお客様のキッチンへ早速行きました。
朝顔2021
夏の間は葉がしげるばかりで心配しましたが、やっと次々花を付けてお客様にも喜んでいただいています。

 

若い方にはとても効果的、私くらいですとそれなりに。

Soramimiの通販が月曜日から再開して明日からまた発送業務がスタートします。

会計作業もまだまだではありますが、少しずつメドがついてきた感じがしてきました。今日はカウンターの上のパソコンの前に置いている小さな容器の中のオリスルート(エッセンシャルオイルを垂らす保留剤)にカビがきていることを発見!

エアコンをかけているからと安心している場合ではありませんね・・・オイルのサンプルの近くに置いているカルダモンにもカビが・・・ダブルショックです。すぐに新しいものと交換しておりますので、もし不快な思いをされた方がありましたら申し訳ありませんでした。

今月の下旬にハーブティーの講習の依頼を頂き、普段通りにお話すれば良いというものの、飲んでいただくハーブ選びから効能など今まで読み開いてきた本をもう一度読み直す毎日です。準備など結構大変なので出不精の私はつい億劫になりがちです。でもそんな私にまた勉強の機会を与えてもらっていると思うとありがたいです。

普段みなさんがよく飲むハーブティーと、どちらかというと飲む機会が少ないものを組み合わせてみようと考え、自分でも久しぶりにローズバッズピンク(蕾)のハーブティーを飲んでみました。

「おいしい・・・」思わず口に出た言葉です。

暖かいハーブティーが本当においしい季節になってきました。

ハーブティー選びに来店のお客様は、中学生のお孫さんが夜中に好きな紅茶を飲まれており、カフェインの事を少し気にしておられました。夕方以降はノンカフェインのハーブティーをお孫さんにも勧めてみようとネトルとボダイジュ、カモミールを選んで頂きました。身体を温めたりビタミンやミネラルが豊富なので若い方には一層効果的なのかなと思います。お肌にも。

ティーポットやお気に入りのカップを用意してお茶をいれる動作一つひとつをお孫さんは楽しんでおられるそうで、最近の若い方はティーポットも使わない人が多い中ちょっと嬉しいお話でした。

大判のハンカチ
落ち着いた秋色に変わり再入荷しています。お手軽なプレゼントに。
ランチョンマット
定番のランチョンマットが久しぶりに入荷しました。
きちんとした雰囲気作りにはぴったりです。
ラング社カレンダー
ラング社の来年のカレンダーが入荷しました。HERBのみ少し在庫に余裕あります。他メーカーのもので今年は販売出来ないものがあり、毎年楽しみにされているお客様には残念な年になりました。

ピンクリボン

松江は選挙カーの音で賑やかです。女性の立候補者が増えたと感じ、女性も以前よりは少し活躍できる様にはなっているのか・・・と演説を聞きながら感じています。

その女性に特有な生理で悩む方は多く、生理痛や月経前症候群などのお客様の相談は多いです。

2,3年前から中学生から高校生のひどい生理痛にハーブティーをブレンドして飲んで頂いていたのですが、痛みどめの薬を飲まなくて済む様になった方が何人かおられ、お願いされるとブレンドして販売していました。症状の改善の実績も段々と多くなり、既存のブレンドに少し作用が似たものがありましたが、飲む美容液などとメーカーが上手くネーミングするヒースのピンク花をブレンドして「ピンクリボンティー」と名付けました。

乳がんの早期発見などの女性啓発のシンボルマークでもあるピンクリボンにちなんでもいます。

エルダーの甘みか飲みやすいお茶となっております。更年期や生理の問題でお悩みの方にはぜひ試していただきたいと思います。

4月からは梱包作業は日曜日は基本的にはお休みになったので、少しお店のことも沢山できる様になりました。優先順位をつけ、伸び始めたホップの誘引も完了しました。

ピンクリボンティー
小さく丸いピンク色のがヒースです。色素沈着予防にも効果があると言われています。これからシミが気になる季節ですね。
ホップの誘引
何年か前までは店長が針金で作ってくれていましたが片付けをなんとか楽にする方法を・・・と考え麻ひもにしました。
枯れたホップと一緒に捨てれます!

これを見て、もう少しピンッと張らさないとかっこ悪いと店長からは指摘されました。私はこれくらいの緩みがあった方が良いと考えます。

チュニック
チュニックエプロン。
近くのお買い物にもそのまま出掛けられそうな可愛いエプロンです。右のティータオルの柄も春らしい可愛い柄となっております。

それぞれのスティホーム

小さい頃からゴールデンウイークも親の仕事の手伝いなどで出かけらないことが多かったせいか、今の仕事になってもそれがあまり苦でないのが救いです。

年を重ね忙しい日々ではありますが、行ったことのない土地に機会があれば残りの時間で訪れてみたいなと感じるようになったこの頃です。

かなり久しぶりに来ましたと言われるお客様は、コロナの影響でよく出かけていた海外(特にフランス)に今は行けないので当店を思い出し、気分転換に来てくださったようです。

薔薇柄のグラスをペアでお求めでしたから、これでビールやお酒などいつもと違う雰囲気で楽しめますよとオススメしてみました。(またお酒・・・)

まだしばらく続きそうなステイホームを楽しく過ごす工夫が続きそうです。

二年前から『ノジュール』という旅雑誌を購読していましたが、繁忙期には雑誌もゆっくり見れないのでどんどん溜まってしまい、この夏で購読を中止しました。

最後の号は全国のお取り寄せのカタログになってしまっていて、以前見た地域のお店は現在どうなっているのだろう・・・と雑誌の中の風景に思いを馳せます。

ゆっくり読めず積み重なったノジュールをまた読み直し、さらに保存と廃棄のふるいにかけようと思いますが、当分は気軽に旅が楽しめないので雑誌の中での旅を楽しもうと思っています。

時々寄ってくださる高齢のおばあちゃんのお客様は、高齢だからと断捨離ばかり言わず自分の遺品を整理した際、子や孫がまた使いたいと思うようなものがあればどんどん買うつもりと話されていました。この考え方も大賛成。

このトレイも時々お客様を呼んでのお茶会をもうしばらく楽しみたいから・・・とおばあちゃんに貰われていくことになりました。

アルルのトレイ
綺麗なアルル地方のハンドペインティングの木製トレイです。
フェアトレード製品。
ダルマイヤー
ダルマイヤーのフルーツティーが久しぶりに入荷です。
ベリーと柔らかい酸味のお茶です。