奇をてらう

私の大好物のお餅を使ったレシピが新聞に載っていたので、これは一度作ってみたいなと記事を読んでみました。
料理界では”ときこばぁば”の愛称で親しまれている鈴木登紀子さんの記事でしたが、
【最近は、いろいろな料理を作り試しすぎて疲れている人が多い様に見えます。毎日の食事は奇をてらうことはないのよ、あの人も作ってるからではなく、お家の人が何を食べたいか・・・でしょ。同じ料理は三回作ると上達しますよ。】(朝日新聞2/10掲載抜粋)
もしかしたら、同感!と手を挙げられる方結構おられるのではないでしょうか。
『奇をてらう』わざと普通と違う事をして人の注意を引こうとする。というような意味ですが、言いにくいことを、このばぁばだからこそズバッと言えたのかな(笑)とも思います。
料理に限らず、今まで通りの普通が良くない?と思う事がこの頃は多々ある様に感じます。

大学生の男の子が春休みの帰省を利用して当店にも足を運んでくれました。
昨年の受験前、集中して勉強ができる様にローズマリーとレモンのエッセンシャルオイルを買われたのですが、見事希望の大学に合格して、学生生活を楽しんでおられる様です。
今回はリラックス出来るオイルをご希望でしたので、やはりラベンダーをお勧めしてみました。
嫌いな香りではなく、すごく気持ちが落ち込んでいるとかでなければ、まずは使って頂きたい香りラベンダーです。
寒い地方の大学なのに、お風呂は若い方に多いシャワーで済まされているようです。出来れば週に一度くらいはお湯をはって身体を温めてもらえるといいですね。

迷った結果学生さんは、一度も使ったことが無かったラベンダーをやっぱり使ってみようとラベンダーと大好きな香りレモンを今回選ばれました。
好きな香りは大事ですね。

時々、ほとんど聞く機会の少ないオイルの種類について問い合わせを頂くことがありますが、基本のオイルでまずはシンプルに香りを楽しみ、次のステップは自分の体調や好みに合う別のオイルを買い足していかれるのが私のおすすめです。
シンプルであればあるほど、善し悪しも感じ易いですし、永く使って頂けると思います。

いくつかあるラベンダー(真正)の香りで最近人気があるのは、こちらのプロバンス産です。
lavender-oil.jpg

ラナンキュラスの造花。生のお花が一番なのですが、この頃の造花は侮れません。周りが華やぎますね。

ranancyura.jpg

柑橘タンジェリンの香り

山陰は6年ぶりの大雪となり、ビニールハウスの雪害が一部あったものの、とりあえずの作業にも支障が無い程度でしたので一安心です
ただただ移動するのに精一杯という感じの一週間。本当にお疲れさまでした。

雪が降る前の先日、彼女の誕生日プレゼントを探しにご来店の男性がありました。
アクセサリーなどはありきたりなので香りをプレゼントにとご希望でしたので、アロマオイルとランプのセットでラッピングしました。
近頃は、中高校生の男子も眉を整えるとは聞いていましたが、彼もとても綺麗に眉をカットされていてお肌のお手入れも・・・。私はいつもボサボサ眉なので、そこについ目がいってしまい、感心しきりでした。
若者のお客様にはつい息子に近い感情を持ってしまい、サービスしたくなっている自分にちょっと苦笑いです。
香りをまだ使われていない彼女が気に入って下さるか心配でしたが、数日後またすっきり眉の彼が再度ご来店。
彼女にプレゼントしたタンジェリンオイルがとても良い香りだったので、自分の部屋でもタンジェリンの香りを楽しみたいとのことでした。
二人でタンジェリンの香りを仲良く楽しんで頂けている様です。

タンジェリンはマンダリンと植物学的にも同じ物に属しているくらいですので、香りも微妙な違いです。嗅いでもらってあとはお好みで選んで頂く感じですが、個人的にはマンダリンが濃く感じられます。
働きはオレンジオイルに近似していて催眠性、ストレス緩和、気持ちを明るくしてくれる香りのオイルです。
妊婦さんの妊娠線対策用マッサージオイルにラベンダー、ネロリにあわせてブレンドもお勧めします。
始めてオイルを使われる方は、柑橘系の香りから始める方が多いですし、プレゼントにも無難ですね。

まだ老眼鏡は必要ないですが、老眼が遅い人ほど一気に老眼になると、お客様から脅かされています。
きれいなmagnify(拡大鏡)ペンダントはお洒落と実用性を兼ねたアクセサリーで、チェーンもたっぷり長めです。

tangerine.jpg

magnify-peal.jpg

ユーカリの森林

先日ブログに書いた『朝活』はお陰様で今のところ順調に継続出来ていて、店長からも
「一日も永く続きます様に・・・」なんてお祈りに近い感じで応援(?)されています。
体調を壊さない事が、私の継続には欠かせません。
明日のセンター試験も、今夜はしっかり睡眠をとり体調を整えることをお勧めしたいですね。

先日、仕事でオーストラリアに行かれたお客様のお話をお聞きする機会がありました
オーストラリアといえば、ティートゥリーとユーカリオイルの産地としてはとても有名ですが、世界遺産にもなっているブルーマウンテンズにも足を運ばれたそうです。
ブルー・マウンテンズの名前は、ユーカリの大森林から発生する霧状の油分が太陽に輝いて青い霞を作ることから付けられたそうですから、オーストラリア観光協会のサイトを見ながら、自分も行った気分で大自然を想像していました。

自転車に乗っての旅も紹介されていましたので、これはますます体力をつけねばなりません。
日本でもまだ見ていない景色が沢山あるので、外国となると更に簡単には行く事が出来ませんが、ここもチャンスがあれば行ってみたい場所の一つになりそうです。

ユーカリは咳や花粉アレルギー、鼻づまりの症状を緩和するのに役立ちますから、特に冬には大活躍するエッセンシャルオイルです。
小さいお子さんのおられるお宅は、ペパーミントユーカリ(Eucalyptus Radiata)は成分が穏やかですので、そちらもお勧めします。
デオドラント作用もあり、汗をかく夏にスプレーを作ったり焼き肉をした後の部屋で芳香させておくと次の日にはある程度消臭するのにも役立ちます。

頭脳明晰にして精神を集中するのを助けますので、余裕があれば、朝ご飯の後にちょっと嗅いだり、服に一滴垂らして試験会場に向かうのも良いかもしれないですね。がんばれ!受験生!

紳士と淑女用のフックです。・・・というかそういう絵が描かれているフック。
コートを掛ける時もちょっと楽しくなりませんか?イギリス製。

eaucalypus.jpg

hook.jpg

ホルモンバランスとゼラニウムのオイル

子育ては成長の段階を追って悩みはつきませんが、小さい頃は特に手もかかる上にこちらの思い通りには行かない事もしばしばです。怒りなどと通り越し、ただ涙になることも・・・。

これは私の経験ですが(笑)、きっと皆さんも似た様なことが沢山あったのではないでしょうか?

先日ご来店のお母さんも、かなりわんぱくなお子さん二人に、ヒートアップしてしまい、月経前の時期がとくに酷く、オイルで自分を鎮静させたい・・・との御希望でした。

ホルモンのバランスに働きかけてくれるオイルの一つがゼラニウム(ローズゼラニウム)です。ゼラニウムは私も大好きな香りで、お風呂に入れる定番のオイルです。

まずは鎮静効果とリラックスでラベンダーを試してもらうと、香りはとても気に入って頂けました。更にゼラニウムをためしてもらうと・・・・
「とっても良い香りですね・・・・」
と、とても顔が穏やかで柔らかい表情になりました。

お客様はまだエッセンシャルオイルを何も持たれていない方なので 、やはりまずはラベンダーを購入してもらうことになりました。ラベンダーよりも香りが好きと答えてもらったゼラニウムも捨てがたいので、練り香の様に時々手首や首筋につけて香りを楽しんでもらえる様に、アロエベラにブレンドし小さいクリーム瓶に詰めました。

ついイライラして小さい子供さんに当たってしまっていることに自分を責めておられて、私とやり取りしながらも目から涙が溢れそうになります。
子供さんのへの思いが十分伝わる中、自分の気持ちを吐き出すことで少しはリフレッシュしてもらえた様な気がします。
怒る度合いが10から8にでも減るといいですね。子供はあっという間に大きくなってしまいます。

geranium-oil.jpg